2006年12月17日

全学連の中島副委員長

中島副委員長、かわいい(*^_^*)

広島から来ていた、全学連の中島副委員長と記念撮影。
左が全学連の中島副委員長、右のモザイクのかかった顔が僕。
中島副委員長、かわいい(*^_^*)
posted by ゆうた at 01:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告示(2006年11月29日 法政大学)

告示 2006年11月29日 法政大学

下記の文章は「告示」として、06年11月29日に市ヶ谷キャンパスの掲示板に掲示され文章の全文です。

続きを読む
posted by ゆうた at 04:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

2006年11月22日

全学連の織田委員長

織田委員長ってイケメン(*^_^*)

全学連の織田委員長と記念撮影。
左が織田委員長、右のモザイクのかかった顔が僕。
(写真を撮ってくれたのは被処分者の内海さん。)
織田委員長ってイケメン(*^_^*)
posted by ゆうた at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ルンゲに脅迫されました(完全版)

ルンゲ
ルンゲ

続きを読む
posted by ゆうた at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総長選廃止問題(改訂版)

法政の総長選廃止に反対するA教授(以下;A)と昨日、話をしました。

続きを読む
posted by ゆうた at 11:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

法大当局VS中核派(2)

一連の法大当局の弾圧はすべて中核派を潰すことが目的なわけですが、続きを読む
posted by ゆうた at 13:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

法大当局VS中核派

法大当局VS中核派。
続きを読む
posted by ゆうた at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

うつ病

どうも、「不当な退学処分及び停学処分の撤回を求める、フツウの法大生の会」の、CD学部、一年、ゆうたです。僕はれっきとした心療内科に通院している正真正銘のうつ病患者です。うつ病と診断されてからもう一年半になります。
浪人時代からうつに苦しめられるようになり、入学後もうつで体調を崩すことがたびたびあって、今年はまだ一年生であるにもかかわらず、前期は十一単位しか取れませんでした。また、まだ後期に入って間もないですが、うつで体調を崩して大学に行けない日が続き、もうすでにいくつかの科目で単位を落としています。
そんな私にとって、ひょんなことから後期から関わることになっ                     た、被処分者(中核派の学生及び一般学生)の支援活動は、僕にとって、うつに苦しみ、辛いだけだった大学生活を充実したものに変えてくれました。
被処分者の人達や被処分者の支援者(主に一般学生)の人達はとてもユーモアに富んでいて、またとても刺激的な人が多く、彼らとの活動は今の僕にとって、何物にもかえがたいものになっています。
こう書くと、「本来の目的はどうした」と思われる人もいるかもしれません。もちろん、ただ活動が楽しいからという理由だけで、活動しているわけではありません。僕はリベラリストとして(中核派の人達は共産主義者としてですが)今の大学当局が行っていることをおかしいと思ったのが、この活動に加わった大きな動機です。そして、今なお、僕が活動を続けている理由の一つでもあります。しかし、それだけでは、今日まで活動を続けることはおそらくできなかったでしょう。中核派の人達のように、ある種の強固なイデオロギー(思想信条)を持っていれば別ですが、僕と同じように活動に参加している他の多くの一般学生は、それ(思想信条、イデオロギー)だけのために、今日まで大学当局との戦い(活動)を続けてきたのではないと思います。やはり、(中核派を除く、)この活動に参加している一般学生の多くは、この活動に何らかの楽しみや充実感を見出しているからこそ、今日まで活動を続けてきたのだと思います。
理由は何であってもかまいません、「ビラ撒きや中核派の演説を傍から見ていて、おもしろそうだと思ったから」という理由でも全然構いません。あなたもこの活動に参加してみませんか?

続きを読む
posted by ゆうた at 06:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

怒りの一万人大集会

今日は「怒りの一万人大集会」です。
しかし、私は一万人もの法大生が今日、集まってくれるとは正直、思っていません。もちろん、今日、このビラを撒いたのは一人でも多くの法大生に集会に参加してもらいたいと思っているからですが。
私は今日の「怒りの一万人大集会」で、不当な退学処分及び停学処分の撤回を法大当局がするとは思っていませんし、この集会によって大学当局のサークル活動や自主法政祭への規制の強化を止めさせることができるとも思っていません。
ですが、勘違いしないでください、私はこの集会が全く無意味なものであると思っているわけではありません。
中核派の人達と一緒にこの活動を始めてから、本当に少しずつですが、活動に協力してくれる人の数が増えてきました。事態は確実に、少しずつですが、良い方向に向かって動いています。今日の集会によって、事態はさらにまた少し良い方向に向かって動くでしょう。活動をいくらやっても、本当に少しずつしか、事態が動かないので、虚しくなることもあります。
ですが、何もしなければ、事態は悪い方向に向かって進む一方です。それに繰返しますが、事態は少しずつですが、良い方向に向かって動いています。そう自分に言い聞かせて、私は日々、活動に励んでいます。
おそらく、繰り返しになりますが、今日の集会で不当な退学処分及び停学処分の撤回を法大当局がすることはないでしょうし、大学当局がサークル活動や自主法政祭への規制の強化を止めることも残念ながらないでしょう。でも、一人でも、多くの法大生が参加することによって、事態がより良い方向に動くことは確かです。あなたも今日の「怒りの一万人大集会」に参加してみませんか?
posted by ゆうた at 06:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

3.14弾圧って何?(迷走する法大当局1)

法大当局は中核派を学内から一掃しようと今、必死になって頑張っているわけです。
しかし、早慶上智には劣りますが、法政も歴史ある私立の有名大学のうちの一つです。
「中核派だから」という「理由」だけで、中核派の学生全員を、退学処分にするわけにはいきません。
何の「理由」もなしに処分することはできないわけです。
そこで困った法大当局は禁じ手を使うことにしました。
なんと法大当局は公権力(警察)と手を組んだのです。
それが、あの3.14弾圧です。
あれは、簡単に言うと、中核派関係の学生達を普通なら逮捕されることがないようなことで警察に逮捕させ、裁判の判決は愚か、起訴されたかどうかすら関係なく、ただ「警察に逮捕された」ということだけを「理由」に学生を処分した実に卑劣な事件でした。
posted by ゆうた at 04:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

挫折・絶望・自己嫌悪

「もっと法大で自由にいろいろやらせて欲しい」、ただそう思い、私はこれまで活動してきました。しかし、中核派のビラを見てもらえればわかると思いますが、法大当局の弾圧はますます強くなる一方です。ですが、私には多くの法大生が、私のように危機意識を持っているようにはとても思えません。しかし、よく考えてみれば、それは当然のことなのかもしれません。私達が毎日、一日の大半の時間を、大学に拘束されているのならば話は別です。しかし、そんなことはありません。私達には高校の頃とは比べものにならないくらい、自由な時間があります。その自由な時間をわざわざ学校で過ごす必要など全くありません。ですから、その自由な時間を使って、学外の活動に専念している人も多いでしょう。また、学内のサークルに加入している人でも、それ程、不自由を感じずに、サークル活動をしている人が大半でしょう。
私のように「もっと法大で自由にいろいろやらせて欲しい」と思う人間は、法大の中ではマイノリティーなのかもしれません。そうだとすれば、私の活動は単なる、ひとり善がりの自慰行為です。大学生活に何の不自由も感じていない大半の法大生からすれば、私の「もっと法大で自由にいろいろやらせてもらうために、団結して、法大当局と交渉しましょう!」という主張は独善的なものでしかありません。
私は中核派の方々のように特定の思想に基づいて活動しているわけではありません。繰返しますが、私は「もっと法大で自由にいろいろやらせて欲しい」、そう思っているだけなのです。そのためにこれまで活動してきました。
しかし、私の活動の中で主張してきたことが、多くの法大生にとって、独善的なものにしか聞こえないのならば、そもそも、こんな活動をこれ以上、続けてもいいのか、正直、私にはわかりません。
posted by ゆうた at 10:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

ビラ撒き

当会(不当な退学処分及び停学処分の撤回を求める、フツウの法大生の会)の存在を一人でも多くの法大生に知ってもらおうと思い、このブログの記事を印刷したビラを撒く。
まずは学生ホールでビラ撒き。
学生ホールでビラ撒き
その後、ボアソナードタワー、1階でもビラ撒き。
余ったビラを学生ホール前のビラ置き場に置く。
玄関に1.jpg玄関に2.jpg
しばらくして、ビラ置き場を見に行くと、上の写真を見てもらえればわかるように、僕の置いたビラだけなくなっている。
どう考えても、短時間の間にすべてのビラを学生が取っていったとは考えにくい。
学生部の仕業か!?
posted by ゆうた at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

校内にて

内海さんと.jpg
左が僕、右が内海佑一さん。
抗議活動のために校内に不法侵入(笑)していた退学処分者の内海さんと記念撮影。
posted by ゆうた at 23:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

「お客様・消費者」としての法大生

中核派でもなく、共産主義者でもない僕は、法大当局にとって、僕ら法大生は「お客様・消費者」だと思う。
続きを読む
posted by ゆうた at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

やはり、僕は自由な大学のほうがいい。

やはり、僕は自由な大学のほうがいい。
続きを読む
posted by ゆうた at 06:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。